OUR THOUGHTS

ホーム私たちの想い

代表あいさつ
Greeting from the representative

先の県議選から約3年が経過し、残り任期も1年となりました。この間、私ども「新政みえ」に対する暖かいご厚情に心から御礼を申し上げます。さて昨年末の衆議院選において、希望の党との合流を前提に、民進党が公認候補を擁立しない旨の決定をし、色々な動きがあったとは言え、野党分裂の結果を招き、安倍強権政治の継続を許すこととなったことは誠に残念ことと言わざるを得ません。しかし中央政局の動きは動きとして、私どもは揺らぐことなく、これまで通り常に県民の皆様のご意見に謙虚に耳を傾け、ともに考え、県民の皆様の目線で判断をしていく政治姿勢を貫いていく決意です。皆様の引き続きのご指導をお願いします。また三重県は極めて厳しい財政状況が続いており、平成30年度予算も経常経費比率が99.8%。つまり政策判断で使える予算はわずか0.2%しかないと言う状態に陥っておりますが、県民の皆様の生活に直結する分野や防災など安心.安全に関わる施策には重点的な予算配分を要望し、実現をしてまいりました。さらには子どもの貧困問題や子ども医療費窓口無料化などの喫緊の課題にも積極的に取組み、一定の成果を得ることが出来ました。そして「新政みえ」のマニュフェストとも言うべき「新政みえビジョン」の中でお約束をした「手話言語条例」は昨年成立をし、「障害者差別解消条例」も本年6月には可決成立する見込みです。これからも県民の皆様の生活の向上、県勢の発展のために微力を尽くしていく決意ですので、変わらぬご支援をお願い申し上げ、ご挨拶といたします。

三重県議会新政みえ
代表 三谷哲央

基本理念
Basic principles

1. 自由・公正・活力の生活者起点の県政を実現する!
1. 分権・自治・自立の三重のくにづくりを進める!
1. 公開・参画・協働の議会制民主主義を確立する!

会派綱領
Faction code

  1. われわれは、あくことなく、より良い未来に希望を持ち、県民の先頭に立ち、自由、平等、公正で平和な社会を創る。
  2. われわれは、真のゆとりと豊かさが実感できる社会の実現に努め、生活者を中心に、勤労者、社会的弱者の立場に立って、共に三重県の21世紀を創る。
  3. われわれは、自由にして民主的な三重県議会の伝統を継承し、上記の理念に立って『新政みえ』に結集をはかり、三重県の発展を期す。
  4. われわれは、常に社会正義を追求するとともに、三重県政の推進を図り、県民の福祉と生活の向上を実現する。
  5. われわれは、議会制民主主義の堅持に努め、民主的で強固な県政運営の確立を図るとともに、『新政みえ』の強化と発展に努める。
組織体制
Organizational Structure
役員会 代表 三谷哲央
代表代行 前田剛志
副代表 中村進一
副代表 日沖正信
副代表 -
顧問 舟橋裕幸
幹事会 幹事長 -
幹事長代行 津村 衛
副幹事長(会派運営・調整) 後藤健一
副幹事長(会派運営・調整) 濱井初男
副幹事長(会派運営・調整) 廣 耕太郎
総務局 局長(業務総括) 日沖正信 (兼務)
委員長(業務全般管理) -
副委員長(会派会計・政務活動費担当) 後藤健一 (兼務)
副委員長(政務活動費担当) 廣 耕太郎 (兼務)
渉外局 局長(業務総括) -
委員長(業務全般管理) 田中智也
副委員長(各種団体対応担当) 藤根正典
政策局 局長(業務総括・請願・意見書等議会対応) 藤田宜三
委員長(業務全般管理・請願・意見書等議会対応) 小島智子
副委員長(新政みえビジョン進行管理・請願・意見書等議会対応) 下野幸助
副委員長(請願・意見書等議会対応) 芳野正英
副委員長(請願・意見書等議会対応) 吉川 新
広報局 局長(業務総括・マスコミ対応・報告会等事業企画) 杉本熊野
委員長(業務全般管理・報告会等事業企画) 濱井初男 (兼務)
副委員長(ネット選挙対策担当) 津村 衛 (兼務)
副委員長(広報紙担当) -
副委員長(HP担当) 中瀬古初美
政 策 政策アドバイザー 稲垣昭義 氏
政策アドバイザー 森野真治 氏
ビジョン
Shinsei mie vision

■ 2015新政みえビジョン詳細 (PDF版) 新政みえでは、先の県議会選挙において、会派として取り組む具体的な政策 『 新政みえのビジョン (新しい三重のカタチづくりのために) 』 を県民のみなさまにお示しをしました。4年間の任期の中で、個々の政策を 「条例」 「提言」 「議会質疑」 等を通して実現していきます。

[PDF] 2015新政みえビジョン詳細(PDF)はこちら

『 新政みえ 』 が考える6つのビジョン

1.防災・減災対策の強化!
2.住みやすい環境を次世代へ!
3.地域経済の活性化!
4.農林水産業の強化!
5.県民の健康と生命を守る!
6.子どもたちの豊かな未来のために!


[PDF] 「新政みえ」が考える6つのビジョン(PDF)はこちら



<2011 新政みえビジョン>検証 1.議会改革の更なる推進!
2.行政改革の更なる推進!
3.安心・安全なまちづくり!
4.住みやすい環境を次世代へ!
5.景気・雇用対策の推進!
6.県民の健康・生命を守る!
7.子どもたちに豊かな未来を!



[PDF] 2011新政みえビジョン検証(PDF)はこちら

マニフェスト大賞
グランプリ受賞
Manifest Grand Prize

2016年「第11回マニフェスト大賞」優秀マニフェスト賞(議会の部)受賞 2016年11月11日「第11回マニフェスト大賞」において、私たち新政みえは、優秀マニフェスト賞(議会の部)を受賞しました。「ビジョン」の結果検証によるPDCAサイクルの深化として、会派結成から15年を迎えた昨年度は、会派として全員参加のもと県政報告会を県下各地で行いました。広く県民から意見をお聞きし、政策に反映させることを含め、今後も着実にPDCAサイクルを回し、成果を上げたいと考えています。

2008年「第3回マニフェスト大賞」グランプリ受賞 11月7日に、「第3回マニフェスト大賞」受賞式が行われ、私たち新政みえがグランプリを受賞しました。2007年4月の統一地方選挙に、会派として取り組む政策「新政みえビジョン(新政みえのカタチづくりのために)」を発表し、具体的な目標と手法を掲げ、その約束の検証の担保とともに県民に約束しました。ビジョンで約束した「開かれた議会」という点では、議会での審議をさらに充実させるため、会期を年2回制とし、審議日数の拡大、政策討論会議の設置、参考人招致の活用等を図ることを主導してまいりました。特に会期の2回制実現に関しては全国的に注目いただきました。地域の政策課題を議会が率先して解決していこうとする意欲や、政策実現力などを総合的に判断され、地方議会の高い評価をいただきました。今後とも、今回の受賞に甘んじることなく、さらなるビジョンの実現に向けて活動を続けてまいります。